2020年度 体力強化合宿(丹沢 大倉尾根)


12月 6日 丹沢 塔ノ岳

 

参加者:12月 6日 L小菅、鈴木、齊藤、丸山、石井、橋本、東 (コーチ)西出 

 

 

12月6日 晴

大倉駐車場(9:00)〜花立山荘(11:20)〜塔ノ岳(12:10)〜木ノ又小屋(14:15)

                                                     〜鳥尾山荘(15:50〜新芽山荘(17:10)〜大倉駐車場(18:00)

 

新型コロナ感染対策のため、車で大倉駐車場へ向かった。負荷をかけるため、上級生は30kg(丸山25kg)、1年は20kgの荷物を持つ。一通り準備が終わった後、小菅は西出OBを迎えに車で駅まで戻る。小菅以外の上級生は一年の東に登山靴の履き方など教え、体操し、出発する。12月にしては暑く、半袖で行動する者もいた。東には石井が付き、他の上級生は各自のペースで塔ノ岳山頂を目指す。小菅は30分ほど遅れて出発する。堀山の家から急登が続き、足の運びが遅くなるのを感じる。花立山荘を通過すると山頂が見える。花立山荘からしばらく歩くと視界が開け始め最後の階段に差し掛かる。足に一層負荷がかかるが、頑張って登りきり、山頂に到着する。到着順は丸山、橋本、鈴木、齊藤、小菅、石井、東であった。塔ノ岳山頂は風が強く体がすぐに冷える。塔ノ岳に全員集合した後、写真を撮り三ノ塔から下山することにして出発した。木ノ又小屋に、テーブルと椅子があったのでここで米を炊き、肉を焼いた。石井が漬け込んできた自家製タンドリーチキンがとてもおいしかった。その後は政次郎の頭から、やせ尾根と鎖場が出てくるがスムーズに通過する。鳥尾山荘前に、分岐があり、時間が押していたため三ノ塔には行かず、大倉・戸川方面に続いている鳥尾尾根を使い下山した。新芽山荘に到着後は戸川林道に出る。暗くなり始めたためラテルネを点けて、大倉駐車場まで下山した。